社労夢ハウスサービス提供事務所紹介

ネットde社労夢Lite
フォローアップ説明会

社会保険労務士法人 小林労務管理事務所 インタビュー

社会保険労務士法人 ハーモニー インタビュー

セントラル社会保険労務士法人 インタビュー

曽我社会保険労務士事務所 インタビュー

社会保険労務士法人 労務経営プランニング インタビュー

井上社会保険労務士事務所 インタビュー

社会保険労務士法人 出口事務所 インタビュー

マイナde社労夢

エムケイシステムのマイナンバー対策3つのソリューション

マイナンバーの対策は進んでいますか?

Facebook

「ネットde就業」を活用し、きめ細やかな就業管理を提供しつつ、給与計算時期の負荷を分散

『社労夢』の機能を駆使し、企業規模、業種、社員数等に応じて最適な労務管理を提案。

ブレインパートナーズ社会保険労務士事務所

特定社会保険労務士 仲村 清俊

TEL:055-263-1145
FAX:
所在地:山梨県笛吹市石和町

中企団職員:まず、先生の事務所の概要や規模についてお伺いできればと思います。

仲村先生: 開業して今年で12年目になります。現在、事務所には私以外に2名の職員がおりまして、うち1名が有資格者です。主たる業務は、社会保険や労働保険の諸手続きです。『社労夢ハウス』を導入しておりますので、社労夢の基本的な機能を使いつつ、『ネットde就業』や『ネットde賃金』などを活用しながら業務を進めています。

中企団職員:『社労夢』はいつ頃導入されたのですか?

仲村先生:事務所を開設してすぐです。というのも、私自身が元々別の事務所に勤めていたのですが、その事務所の業務ソフトが『社労夢』で、使い勝手が分かっていて便利だったので、まずは『社労夢Lite』を導入しました。

中企団職員:『社労夢Lite』は月々8,000円(注:税別)と値頃感があって、社労士用業務ソフトの導入には、とても良いですよね。そして今は『社労夢ハウス』に加盟していらっしゃるということですが、一番の特徴である『ネットde顧問』は使っていらっしゃいますか?

仲村先生:『ネットde就業』と『ネットde賃金』はよく使っていますが、他は機能を確認中です。お客様に提案するものなので、機能をしっかりと把握した上で、説明したいですから。

中企団職員:どれくらいのお客様が導入されているのですか?

仲村先生:現在、お客様のタイミングに合わせて提案を進めているところです。勤怠管理で困っているという話をされたときに、ソリューションとして『ネットde就業』というシステムを持っていて、自事務所のものとして提案できるのは大きいですね。クラウドで随時、勤怠の状況が分かることがメリットで、当事務所で給与計算まで対応させていただくという話になった場合に、管理がしやすいので導入をお勧めしています。

中企団職員:お客様にお使いいただくことのメリットはなんでしょうか。

仲村先生:『ネットde就業』を導入したお客様については、基本的に当事務所で就業状況の管理をしておりますが、きめ細かい対応に喜んでいただいています。お客様の方で打刻したデータは、クラウド上で就業状況が共有されますので、当事務所で確認をしながら、打刻ミスや漏れがあった場合には、問い合わせをして都度修正しています。給与の締日などに打刻漏れが見つかり「10日前、いつ帰ったんだっけ?」と遡って確認するということが無くなりますので、お客様にも安心感を持って利用いただいています。当然、管理を行う分、当事務所にも多少なりの手間が発生します。ただ、給与の締日は、どこの企業も同じ日に重なっていて、仕事の負荷が高くなりがちです。しかし、当事務所の方で就業状況の管理をしていると、締日の段階で就業時間の確定データを扱えますので、すぐに給与計算に着手できます。日程的に負荷分散が図れますので、社労士側にも大きなメリットであると考えています。

中企団職員:その他『社労夢』を使っていて、メリットであると思えるところはありますか。

仲村先生:やっぱり、電子申請ですね。e-Govと『社労夢』がAPI連携するようになって、格段に便利になりました。申請から進捗管理、電子公文書の取出しまで、全部が一つの画面で完了できます。また、一斉送信ができるようになったので、とても効率的になりました。

n-office1

中企団職員:手続業務はボリュームが出やすいところですから、そこが効率化されるというのは大きいですよね。先生の事務所では、電子申請はどれくらい使っていらっしゃいますでしょうか。

仲村先生:電子申請ができる手続きは、なるべく電子申請を行っています。データじゃ送れない、FAXでやり取りをして欲しい、というお客様には臨機応変に対応しています。

中企団職員:これから『社労夢』に求めていきたいことはありますか。

仲村先生:機能が多いということの裏返しにもなるのですが、機能を理解するためには、どうしても使って試すことが必要ということもあって、全機能の把握はしていないと思います。慣れている機能は使い倒しているのですけれど…。ただ、今までは時間もマンパワーもなかったのですが、フルタイムの職員を採用したこともありますし、機能の利用拡大を図って更なる 顧客開拓や顧客満足につなげていきたいと思っています。

中企団職員:特に新機能は、今までの操作感と変わってくるところもあって、便利といえども実業務に展開するまでに時間が必要ですよね。

仲村先生:使い方セミナーなどを開催していただけると、ありがたいですね。『社労夢』の充実した機能を使いこなして、満足しているユーザーが増えれば、良い口コミも増えて宣伝にもなるでしょうし。あとは、昔の記事にも書いてあったと思いますが、お客様に提供する機能に関して、分かりやすいマニュアルが欲しいですね。お客様へのシステムのレクチャーなどが速やかにご案内できれば、その分当事務所の効率化にもつながりますから。

中企団職員:それでは最後に、今後、事務所をどのような形で展開していこうとお考えでしょうか。

仲村先生:今まで、当事務所は「個人事務所」という要素が強かったと思います。ただ、フルタイムの職員も新たに採用したことで、事務所職員の能力の標準化や組織化を図っていく必要があると感じています。例えば、事務所の誰に聞いても、一定の対応ができるように、事務所としてのマニュアルや、事務所としての様式…などもしっかり整えていきながら、提案力が高い事務所にしていきたいと考えています。

ブレインパートナーズ社会保険労務士事務所


http://www.brain-partners.net/


特定社会保険労務士
仲村 清俊

住所
〒406-0034
山梨県笛吹市石和町唐柏440-1

TEL 055-263-1145
FAX
E-mail

2006年3月にブレインパートナーズ社会保険労務士事務所を設立。
『社労夢』の機能を駆使し、お客様のご希望を聞きながら、企業規模、業種、社員数等に応じて最適な労務管理を提案。企業の健全な発展のサポートを行っている。

< 前の記事
「ネットde就業」を活用し、きめ細やかな就業管理を提供しつつ、給与計算時期の負荷を分散
次の記事> 
10年で従業員が倍以上に!その安定成長を支える社労士業務に特化した「社労夢」の機能活用!


TOP