2019年7月25日(木)TKPガーデンシティ博多アネックスにて「社労夢セミナー」を開催し、15事務所22名の方にご参加いただきました。

第一部では、動向が気になる「マイナポータル 社会保険・税手続のオンライン・ワンストップ化」をマーケティング戦略部の濱田からご紹介しました。

今後の手続きにおける行政の取り組みやマイナポータルのシステム構築計画を中心に説明いたしました。近未来の動きということもあり、皆さま興味深く聞いておられました。

第二部では、顧問先企業や社労士事務所内の作業効率アップを支援する『社労夢ハウス』をご紹介しました。事務所内での手続きを管理するシステム『手続進捗管理システム』と『ネットde顧問』を中心に説明いたしました。

煩雑になりがちな案件管理を社労夢内で行い、就業管理・給与計算・web明細などを活用することで業務の簡素化を目指すといった方法について、ご興味をお持ちいただけたら幸いです。

第三部では、新商品の『DirectHR』をご紹介させていただきました。従業員と総務担当者と社労士事務所との連携や情報収集がスムーズに行える商品になっております。実際に、総務担当者や従業員の操作感について、デモンストレーションを交えてご紹介しました。

会議後の【個別相談会】では、『社労夢ハウス』の導入方法や『ネットde就業』の活用方法といった1歩踏み込んだご質問を受けることが出来ました。これは皆様の期待感の表れと非常に嬉しく感じました。

今後も皆様の役に立つ情報をご提供できるセミナーを開催して参ります