2019年5月28日TKP名古屋駅前カンファレンスセンターにて5月度社労夢セミナーを開催いたしました。本セミナーでは、16事務所19名の方にご参加いただきました。


第一部では、他会場同様、みらい社会保険労務士法人 代表 城敏徳様にご登壇いただきました。

今年の4月から施行された働き方改革について、また、事務所内での取り組みや顧問先へのアプローチ方法、など具体的にお話頂き、皆さま興味深く拝聴されておりました。
セミナー講演後も多数ご質問等をいただき、活発な意見交換が行われました。

第2部では、ネットde顧問のご説明とデモンストレーションの実施、第3部では、新商品のDirectHRについてのご説明を行いました。

ネットde顧問のご説明では、「働き方改革」ということで、残業時間のアラートや有休の管理機能を取り揃えた『ネットde就業』を中心にご説明いたしました。

ネットde顧問は、社労士事務所様だけでなく顧問先様でも作業効率化が見込めるサービスとなっております。
「社労夢ハウス」は「ネットde顧問」と連携することで、収益化が見込まれますので、是非この機会にご検討いただければ幸いです。


DirectHRは4月にリリースした新製品で、企業の従業員から入退社などの情報を頂く仕組みとなっており、今後社労夢と連携し(予定)申請手続きに活用できる内容になっております。
こちらもあわせて、宜しくお願い致します。

☆今回ご登壇いただきました城先生のインタビュー記事はこちら
https://www.shalom-house.jp/sharoshi/office/interview18/