2019年2月28日(木)Direct HRスタートダッシュセミナー大阪会場を梅田センタービル31Fホワイトホールで開催しました。
当日は足元の悪い雨の中、大勢の事務所にご参加頂きました。

13時30分からスタートしたセミナーでは、Direct HRの概要説明として、時流の流れから開発の経緯と商品の発展性についてご説明しました。

政府がデジタルガバメント構想でも電子化を加速させています。いよいよ2020年からのIDパスワード方式 補助金そして社会保険の手続きについて大企業からの電子申請が義務化になる中、Direct HRは電子化を進める際に従業員様から電子データを簡単に受け取れ、複雑な労務手続きをより簡単にできる仕組みをご提供します。

また社労夢給与だけでなく、freee株式会社様とのAPI連携で簡単取込して給与・賞与の明細や源泉徴収票もいつでもどこでも閲覧可能にします(予定)。

概要説明後、事業所の総務の方が従業員のメールに入力招待しスマートフォンから入社情報とマイナンバーを入力し取込む、といった一連のデモンストレーションを実施しました。

続けて、freee株式会社の浦本支店長より人事労務freeeおよびDirect HRとのAPI連携について説明を頂きました。実際の操作説明および画面イメージをスクリーンに映して説明いただきました。個別相談会では、Direct HRのご契約を頂いたり、ご検討事務所様には詳しい説明を聞いて頂きました。

3月セミナーはDirect HRリリース記念セミナーとして22日(金)開催予定です。皆様のご参加をお待ちしています。