2018年10月23日(火)、TKP博多駅前シティセンターにて
「10月 新製品ご紹介セミナー」を開催しました。

新社労夢、新製品のご紹介についてのセミナーで、18事務所、25名にご参加いただきました。

テーマ①として、「DirectHR」のご紹介について行いました。
昨今の行政での動向や「デジタルファースト法案」に沿った商品として、従業員から総務担当者へ、
総務担当者から社労士事務所への手続き業務の進捗管理や従業員からの問い合わせ対応に伴う工数軽減が見込める商品になっております。
顧問先企業の総務担当者が従業員へ行う手続きの流れや従業員が実際に行う操作をデモンストレーションにて重点的にお話ししました。

テーマ②として、「新社労夢」のご紹介について行いました。
現状ご利用いただいている「社労夢シリーズ」のリニューアルに伴い、現社労夢では表現できなかった文字の見易さ
(画面いっぱいに各種機能を表示)や感覚的に操作できる仕様になっておりますので、
これまで以上に使いやすいシステムであることを目指しております。
こちらの画面操作をデモンストレーションにて重点的にお話ししました。

テーマ③として、「ネットde顧問とマイナde社労夢」のご紹介について行いました。
ネットde顧問は、顧問先企業にご利用いただく事により手続や給与・勤怠情報の回収や集計がスムーズに行え、
事務所内の作業工数削減や情報連携で期待していただける商品になっております。
また、マイナde社労夢については、マイナンバーの情報・操作履歴管理はもちろんのこと、顧問先企業がメインで入力する「マイナde社労夢顧問先版」をご利用していただくことで、事務所内でマイナンバーの収集や保管、各種届出への反映を無駄なく行える商品になっております。
これらの機能を各アプリケーションと社労夢との連動性などをデモンストレーションにてお話ししました。

今回、各テーマを2画面のスクリーンで総務担当者と従業員、社労士事務所と社労夢といった
双方の連動性を重点に置いたデモンストレーションを行いましたのでイメージがし易く感じていただけたのではないかと思います。
その他、質問コーナーでは、DirectHRや新社労夢のリリース時期など具体的な部分のご質問が多く頂きました。
これは皆様の期待感の現れと非常に嬉しく感じるとともに改めて気の引き締まる思いでした。
今後もこの様に皆様に耳より情報をご提供できる弊社主催セミナーを開催して参ります。

最新セミナーをこちらでご案内致しております。
たくさんのご参加お待ちしております。