平成30年4月18日(水)福岡にて「社労夢セミナー」を開催しました。

平成30年5月以降、雇用保険の届出にマイナンバーの記載が必須となり、電子申請への関心が高まっていることを受けて、数多くの方にご参加いただきました。

第一部では、電子申請の操作画面をスクリーンに投影しながら社労夢を用いた申請業務についてご説明させていただき、社労夢の台帳システム利用による入力の効率化や電子申請における素早い操作性などにについて、ご理解を深めていただきました。
また、社労夢シリーズの『社労夢ハウス』、『ネットde社労夢』、『ネットde社労夢Lite』でご利用いただける『ネットde顧問』についての説明も行いました。

第二部では、弊社でも問い合わせが増えているマイナンバー運用のシステム化についてご紹介しました。マイナンバーの概要、弊社サービスラインナップ『マイナde社労夢:社労士版・顧問先版』、『マイナde社労夢CL』についてのご説明に加え、マイナンバーの管理・運用、顧問先企業との共有方法をシステムのデモンストレーションを交えてご紹介しました。

第三部では、顧問先企業や社労士事務所内の作業効率アップを支援する『ネットde顧問』をご紹介しました。FAXや電話、メールではなく、クラウド上でタイムリーにやり取りを行える『ネットde受付』、給与明細を従業員がWEB上で閲覧できる『ネットde明細』等々、業務効率化に役立つ様々な機能について、参加者さまから多数のご質問をいただき、非常に有意義な時間となりました。

 

◎5月セミナー@福岡会場は、5月30日(水)に開催されます。
※「社労夢ハウス」オーナー研修会です。社労夢ハウスユーザー様は是非ご参加ください。(ユーザー様以外もご参加頂けます!)

セミナーの詳細とお申込みはこちら:https://www.shalom-house.jp/sharoshi/seminar/3005/

みなさまのご参加お待ちしております。

 

●「ネットde社労夢」の詳細はこちら
●「ネットde顧問」の詳細はこちら
●「マイナde社労夢」の詳細はこちら