導入して数か月で「ネットde賃金」を10事業所で利用しています!


社労士事務所様は、2013年3月に『社労夢ハウス』を導入頂き、わずか数か月で「ネットde賃金」を数多く顧問先企業へ導入成功されている新葉社会保険労務士事務所様です。今回取材させて頂いた理由は、導入して数か月で月額負担以上の収益を導かれている点、又実際利用されている企業様に非常に喜ばれている点など皆様に紹介させて頂きたかったからです。 まず、何点か新葉社会保険労務士事務所 所長の浅沼先生にお話しを聞きたいと思います。

 


Q:『社労夢ハウス』を導入されて、すごい速さで「ネットde賃金」をご提案されていますがどのような形で提案、導入されてるのでしょうか?


 「ネットde賃金」のすべての給与機能を利用頂いています。社保業務のみを受諾して、給与計算は企業様で行っている事業所様に提案しました。提案業種は様々ですが、給与計算をアウトソーシングする規模でもなく社員数が少ない事業所様などは、社長の奥様などが手書きで給与計算をされていたり、又 他社の給与システムを導入しても控除の更新を忘れ、翌月調整したりと手間がかかる点など以前から相談も受けていました。又社員に社労夢に詳しい者もおりましたので、今回『社労夢ハウス』を導入し「ネットde賃金」を提案したという経緯です。

 

:実際導入された企業様にどのような声がございますか?


やはり、リアルタイムで社労士事務所と繋がっている点はとても安心されています。わからなくなっても、電話すれば、どのような状態になってるか社労士側でわかるので、フォローがしやすいですね。又 クラウドなので、奥様などは、お子様などもおられるので自宅でも給与計算ができる点はいいですね。事務所まで行かずにできるのは好評ですね。他には、バージョンアップなどが必要ない点でしょうか、ソフトによってはCDなど送られてきますが、結構面倒らしいです。
あとバックアップをとらなくていいのは非常に喜ばれますね、そもそも提案時にサーバセンターでのデータ管理の説明で驚かれます。以前にもPCが故障してデータが復旧できなかったなどの声がありましたが、今回の運用ではもしPCが故障しても、違うPCからすぐに給与計算がスタートできる点でも安心して使って頂いています。

 

:企業様側、「ネットde賃金」導入時から運用にかけての注意点等何かございますか?


そうですね、「ネットde賃金」を全機能貸し出すわけですが、最初のマスター登録はできるだけお手伝いしています。社員の基本給、交通費の設定など先方にはいきなりでは難しい部分がありますので、できるだけ月々の運用が簡単なイメージで、説明させて頂いています。「ネットde賃金」は、社労夢給与を以前から利用していたら提案までの段階が早いですからね。

 


 

 


では今後も「ネットde就業」「ネットde明細」の習得、ご提案などがんばってください。皆様方のご奮闘と、事業所様の今後益々のご発展を心よりお祈り申上げます。(東京営業所/竹口)